SwiftでSQLiteのFMDBをエラー無しで設定する方法!

Sponsored Link

 

 

どうも、やまさきです
色々ありましてちょっと更新できませんでした、すいません。
だがしかし!もう大丈夫なのでしっかり有益な情報をお届けします!

今日はSwiftでのFMDBの設定方法などを調べてみましょう
事前にFMDBをダウンロードしておきましょう -> https://github.com/ccgus/fmdb
まずはいつも通り新規プロジェクトを立ち上げます

 

スクリーンショット 2014-11-20 17.00.11

 

SingleViewにしましょう

 

スクリーンショット 2014-11-20 17.01.28

 

名前はIn_FMDB_Swiftにしました

*注意* ここからは順番通りで一語一句間違えないようにしましょう。
ここからハマりやすいです。
では注意して進みましょう!

まずプロジェクトにDownloadしたFMDBを入れていきましょう

 

スクリーンショット 2014-11-20 17.02.57

 

 

これを使います
そしてドラッグ

 

スクリーンショット 2014-11-20 17.03.46

 

できたらプロジェクトファイルを選択した状態で上部カラムのGeneralを選択し下のLinked Frameworks and Librariesの+をクリックして

 

スクリーンショット 2014-11-20 17.04.05

 

 

sqliteと入れると候補が出てきますのでlibsqlite3.0.dylibを選択してAddを押します

 

スクリーンショット 2014-11-20 17.04.26

 

 

次にNew Fileから新規ヘッダーファイルを作成します

 

スクリーンショット 2014-11-20 17.04.45

 

このHeader Fileにはプロジェクト名-Bridging-Header.hとします
できたら選択してプロジェクト名-Bridging-Header.hにimportを書いていきます。
スクリーンショット 2014-11-20 17.05.45

 

 

こんなかんじで
次にプロジェクトのBuild Settingsを選択してSwift Compiler – Code Generation欄の検索バーにObjective-C Bridging Headerを入れます。すると

スクリーンショット 2014-11-20 17.06.27

 

こんなのが出ますので右側をダブルクリックでテキストが入れれるようにしましょう。
そこへ$(SRCROOT)/$(PROJECT)/プロジェクト名-Bridging-Header.hを書きます
設定するとSwiftSQLite-Bridging-Header.hまでの実際のパスが表示されます

 

スクリーンショット 2014-11-20 17.07.33

 

これで設定は終わりです!
*注意* ここからは順番通りで一語一句間違えないようにしましょう。はここまで!

ここまで出来たらViewControllerなどで FMDと打ってみましょう

 

スクリーンショット 2014-11-20 19.41.23

 

予測で出れば設定完了です!
次回はFMDBの使いかたを勉強してみましょう!

 

 

Sponsored Link
ツイートツイート

SwiftでSQLiteのFMDBをエラー無しで設定する方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です