XcodeのバージョンアップでXVimが使えなくなった時の対策として覚えておくたった2つの事

image_you!

Sponsored Link


Xcodeのバージョンアップで一番恐れているのがあります。それはXVimが使えなくなる事。今日はその対処法を覚えましたので是非ご紹介しましょう。

 

XcodeのバージョンアップでVimが動かない?

ちょくちょくありますよねこれ。外部からのプラグインなのでしょうがないのですが、Vim使えないと矢印キー使わないと移動できないから嫌だし、何よりポジション変わるしホントもう…。

なので、マカーならぬビマーの私はVimがないとコードを書く気が起きませんので、Apple様のバージョンアップにはいつもヒヤヒヤさせられます。そんな私の対策は次の通りです。

 

音速でアンインスール

  • まずはXcodeをやさしく閉じて代わりにFinderを開きましょう。
  • 開いたらメニューの移動 > フォルダへ移動と手順を進めます。
  • 出てきた検索バー~/Library/Application Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins
  • XVim.xcpluginをゴミ箱

スクリーンショット 2015-05-22 12.20.19

アンインストールはこれで完了。

 

音速でインストール

  • アンインストールできたら(初めてインストールする人も)ターミナルを開きます。
  • まずはXVimをダウンロードするので git clone https://github.com/XVimProject/XVim.git (ここからダウンロードしても同じなので問題無し)
  • ダウンロードしたファイルを開いてRunします。

スクリーンショット 2015-05-22 12.31.25

注意 : この時でるポップをLoad Bundleにしないと一生XVim使えません、注意してください

 

音速のVim

ZZ 上書き保存し、viを終了
:w 内容を保存
i テキストモードへ
a カーソルの次でテキストモード
Shift + a 行末でテキストモード
Ctrl + v ビジュアルモードへ
ESC ビジュアルモードへ
w 次の単語 (Word)
b 前の単語
f(文字) カーソルがある行の(文字)に移動 (Find)
F(文字) カーソルがある行の(文字)に移動(逆向き)
0 行頭
行頭(文字が入力されている場合は文字の行頭)
$ 行末
Ctrl + u 半画面上 (Up)
Ctrl + d 半画面下 (Down)
gg 最初の行
88g 88行目
G 最終行
H 画面上の最初の行 (Home)
M 画面上の中央の行 (Middle)
L 画面上の最後の行 (Last)
:%s/hoge/3urprise/g 単語の置換(hageを3urpriseへ置換)
. 直前の操作を繰り返す
u 直前の操作を取り消す(Undo)
Ctrl + r Redo
yy 今いる行をコピー (yank)
p カーソルの場所に、ペースト

 

これであなたもビマーだね b

Sponsored Link
ツイートツイート

XcodeのバージョンアップでXVimが使えなくなった時の対策として覚えておくたった2つの事

2 thoughts on “XcodeのバージョンアップでXVimが使えなくなった時の対策として覚えておくたった2つの事

  • 2016年4月9日 at 01:52
    Permalink

    make install では動かなかった vim がこの方法で動くようになりました! 快適です!

    Reply
    • 2016年4月9日 at 22:07
      Permalink

      vim 最高!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です